カズキの素数研究ブログ

主に私なりに考えた素数の事を書いていきたいと思います。ただの素数好きのオッサンですので気軽にコメントして下さい!

素数とは隙間の数である!

こんにちは、カズキです。

皆さんは素数の出現の仕方についてどんなイメージを持っているでしょうか?


素数の出現は数式で性格な値を求める事が出来ず、一見気まぐれでランダムなように見えます。

しかし、「1と自身でしか割りきれない」というルールの元に素数かそうでないかが決まります。

この「1と自身でしか割りきれない」を言い換えると、「他の素数の倍数でない」と言えます。

よく任意の自然数nまでにある素数を調べる時にエラトステネスの篩が使われますが、素数の倍数を消して残った1より大きい初めの数が新しい素数となります。

倍数と倍数の隙間、つまり、合成数合成数の隙間が素数となります。



私はこの素数の出現を考える時にこんな事をイメージします。

1秒間に一回音が鳴る機械があります。
2秒目以降は音が鳴った秒数の周期は音が鳴らなくなる機械を取り付けると…


素数の秒のみ音が鳴る機械が出来上がります。


まあ、だからどうしたって言うような事ですが( ´∀`)



オススメ記事!
ゴールドバッハ予想の証明!
http://prime-number.hateblo.jp/entry/2017/05/24/224201